セブン‐イレブンとシャープがQRコードを読み取って適切に加熱する電子レンジのテスト実施

東海地区の1080店舗で、電子レンジの操作が迅速で容易に、ボタン操作なしで自動で加熱開始

セブン‐イレブン・ジャパンとシャープは、セブン‐イレブンの店舗で販売する商品ラベルに印字されたQRコードを読み取って適切に加熱するシャープ製電子レンジの設置テストをセブン‐イレブン店舗で実施している、と4月25日発表した。3月末時点で東海地区(愛知、三重、岐阜県)の1080店舗に置いている。電子レンジの操作が迅速で容易になる。

セブン‐イレブン店舗には年代や国籍が異なる従業員がいて、商品を電子レンジで温める際、商品ごとの正確な加熱時間を簡単に素早く設定したいという声があった。利用客が自ら操作する電子レンジを設置している店舗では、ボタン操作が複雑といった課題があった。こうした問題の解決に向け、2021年11月にQRコード読み取り式のテストを始めた。

この電子レンジはシャープの業務用「RE-7700S」で、出力は200~1900W。本体上部に搭載したカメラで商品ラベルに印字された専用QRコードを読み取り、ワット数や加熱時間を自動設定。食品検知センサーで庫内の食品の有無を検知し、QRコードを読み取った後にドアを閉めるとボタン操作なしで自動で加熱を始める。今後、導入店舗を増やしていく。

 

レンジ設置場所パターン:2パターンで設置
QRコードを読み込んで加熱時間を自動設定
QRコード読取式電子レンジ用の商品ラベル
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ステークホルダー
消費者や投資家、顧客企業など企業を取り巻く利害関係者全体を示す。 他に、産 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]