メルカリがセブン‐イレブン・ファミリーマート・ローソンのコンビニ大手3社と覚書締結

各種取り組みを実施、情報共有によってメルカリが出品物を監視、利用規約違反の出品防止
よろしければこちらもご覧ください

フリーマーケット(フリマ)アプリ「メルカリ」を運営するメルカリは、セブン‐イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソンのコンビニエンスストアチェーン大手3社と、3社の商品が安心・安全に取引できる環境の構築を目的に各種の取り組みを共同で実施する覚書を結んだ、と12月3日発表した。情報共有によって利用規約違反の出品を防ぐ。

コンビニ大手とフリマアプリ事業者が二次流通の対応で協業するのは初めてという。コンビニ3社は、特定のキャンペーンや商品の詳細情報、画像などを事前にメルカリに提供。その情報に基づいてメルカリが出品物を監視する。メルカリは3社それぞれと個別に協議し、合意した特定商品に関して利用規約に違反している出品を削除する対応を行う。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]