ファンコミュニケーションズがモバイル向けカテゴリマッチ型広告配信システム運用開始

よろしければこちらもご覧ください

アフィリエイトマーケティングのファンコミュニケーションズは、クリック課金方式のモバイル向けカテゴリマッチ型広告配信システム「アドカボ」のベータ運用を開始した、と9月25日発表した。カテゴリマッチ型広告は、広告主と掲載メディアの双方が出稿、掲載する広告のカテゴリを指定してユーザに提供する仕組み。メディアと広告内容の適合性が高くクリック率が高いという。アドカボでは「着うた」「動画・画像」「ゲーム」などモバイル特有の広告カテゴリを中心に約30種類のカテゴリーを用意した。広告主がクリック単価を入札し、実際に広告がクリックされた数によって月額広告掲載費が計算され、掲載を希望するカテゴリーごとに異なるクリック単価での入札も可能。

ファンコミュニケーションズ
http://www.fancs.com/

アドカボ
http://adocavo.net/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CPC
クリック単価。インターネット広告において、広告を見たユーザーが1クリックするたび ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]