データクリーンルームとは | インターネット広告のひみつ - ブログ

このページは、外部サイト インターネット広告のひみつ - ブログ の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「データクリーンルームとは」 からご覧ください。

電通デジタルの三谷壮平氏が、データクリーンルームを解説。

Ads Data Hubとは何か?その活用の可能性を探る(第1回) https://www.dentsudigital.co.jp/topics/2021/1005-001050/
Data Clean Roomの魅力と、最大限にその価値を引き出す活用のポイント(第2回)
https://www.dentsudigital.co.jp/topics/2021/1012-001058/
電通デジタルのData Clean Roomソリューション(第3回)
https://www.dentsudigital.co.jp/topics/2021/1026-001073/
Data Clean Roomと外部データを連携した分析のさらなる広がり(第4回)
https://www.dentsudigital.co.jp/topics/2021/1102-001086/

以下は要約。

  • データクリーンルームは、広告プラットフォーム事業者の提供する次世代型レポーティングの仕組み。プラットフォーム側が用意したクラウド環境上で、プラットフォーム内部の広告配信ログデータに外部データを掛け合わせて分析できる。
  • 重複リーチの分析、プラットフォーム保有属性での分析、独自指標でのアトリビューション分析、最適予算配分の分析などに利用できる。
  • 広告をクリックしてウェブサイトに来訪する以前のインプレッション情報(プラットフォーム内にしかない広告接触データ)を分析できることが価値。

データクリーンルームについては、電通の前川駿氏による発信も目立つ。

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]