カート落ちメールでCVRが4.5倍向上の事例も。EC特化のMAツール「HIRAMEKI XD」とは | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2021年7月19日(月) 08:00
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「カート落ちメールでCVRが4.5倍向上の事例も。EC特化のMAツール「HIRAMEKI XD」とは」 からご覧ください。
マーケティング支援を専門に手がけてきたトライベックの知見が詰まっている「HIRAMEKI XD」。300社以上に導入され、うちEC事業者が6~7割を占める
[AD]

トライベックが提供するMAツール「HIRAMEKI XD(ヒラメキクロスディー)」。月額6万円から利用できるという圧倒的なコストメリットに加え、顧客属性だけでなく在庫数や購入履歴といったECに特化したデータ活用もできる。

導入企業はカート落ち対策などで成果を出している。「HIRAMEKI XD」が支持される理由を探った。

UU課金でメール配信し放題

自社開発のMAツール「HIRAMEKI XD」には、マーケティング支援を専門に手がけてきたトライベックの知見が詰まっている。販促に必要な機能を吟味して搭載しており、デジタル関連の専門知識がなくても利用しやすいのが特徴だ。300社以上に導入され、うちEC事業者が6~7割を占める。

「HIRAMEKI XD」にはEC向けのプラン「XD.COMMERCE(クロスディーコマース)」があり、リテンション施策を中心に、顧客のエンゲージメントやLTV向上を目的とした機能などECビジネスに特化した設計になっている。

トライベックが提供するMAツール「HIRAMEKI XD(ヒラメキクロスディー)」
「HIRAMEKI XD」の主な機能

「HIRAMEKI XD」が選ばれる大きな理由が価格だ。一定の会員数やデータ量を抱える企業が、MAツールを使ってユーザー分析や施策を展開すると、月額で数百万円かかるケースは少なくない。

「HIRAMEKI XD」であれば同様の運用であっても、場合によっては1/10程度まで運用コストを抑えられることもある

メールは1配信ごとの通数課金ではなく、UU(ユニークユーザー)ごとの課金。そのため、1ユーザーあたりの配信頻度が多い場合でも、同一料金で配信し放題となる。

大規模なメール配信についても、専有サーバープランでの提供が可能なため、会員数の多い大手ショップでも固定金額での利用が可能だ。初期費用は、MAツールにメールとLINEの配信を組み合わせた標準の料金プランで、10万円以下から利用できる

収集できる情報の範囲は、会員情報や行動履歴だけでなく、商品・在庫データや、購入履歴も対象。取得可能なデータの多さも、「HIRAMEKI XD」が導入企業から支持される理由だ。

トライベックが提供するMAツール「HIRAMEKI XD(ヒラメキクロスディー)」
「HIRAMEKI XD」のサービス概要
カート落ちメールでCV率4.5倍に

導入企業で際立った成果を出している施策が、「カート落ち」への対応。カートに商品を入れたままのユーザーをセグメントし、「忘れていませんか?」などとメールで訴求、購入機会を創出できる。このカート落ちメールと、通常の一斉配信メールをコンバージョン(CV)率で比較すると、アパレルECではカート落ちメールのCV率が、約4.5倍高い総合通販で2.5倍、化粧品で1.6倍高くなっている。一度買おうとした商品を改めて提案する取り組みが、強力な購入促進効果をあげている。

カート落ちメールとは別に成果を出しているのが、LINEの活用だ。サービスを導入する化粧品EC事業者は従来、メールとLINEそれぞれの登録会員にクーポンや新着情報を配信していた。メールの登録者数は会員全体の約6割、LINEは約2割だったため、まずメールを強化しようとカート落ちメールを配信。一定の手応えを得てから、LINE会員に対しても同様の施策を実施した。

その結果、配信したメッセージ経由で商品をクリックしたLINE会員の割合は、メール会員の9倍にのぼり、さらにCV率もメール会員に比べて5倍近く高くなった。この結果から、LINE会員の獲得にリソースを割こうという経営判断につながった。販促における最適な投資の分配が、「HIRAMEKI XD」を通じて明らかになったのだ。

「Shopify」「LINE」と連携へマーケの施策領域を拡大

「HIRAMEKI XD」は2021年2月、ECプラットフォーム「Shopify」とAPI連携を開始。「Shopify」を利用するEC事業者は、顧客情報や商品情報、購買履歴情報を毎日「HIRAMEKI XD」に自動連携できる。今後は「Shopify」アプリにも対応していく方針で、連携を充実させていく。

また、LINEが提供しているアプリプラットフォーム「LIFF(リフ)」アプリへの対応を進める。「LIFF」を使うとLINE上でユーザーIDに加えてアンケートなどで属性情報を取得し、さまざまな施策の実施が可能になる。この「LIFF」アプリに対応することで、「HIRAMEKI XD」を使ったマーケティングの幅を広げることができる。

安価でありながら、多くの強みを持つ「HIRAMEKI XD」。自社ECを手がけている企業はもちろんのこと、これから自社ECを展開していきたい企業や成長期の事業者にとってもマーケティング戦略をサポートするツールとなりそうだ。

トライベック株式会社 DXプラットフォーム事業 HXD事業部セールスユニット ユニットリーダー  井上友佑氏

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム - 通販・ECの業界最新ニュースと実務に役立つ実践的な解説」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:カート落ちメールでCVRが4.5倍向上の事例も。EC特化のMAツール「HIRAMEKI XD」とは
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

[AD]
キヨハラサトル
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]