Gunosy(グノシー)がネット通販事業に本格参入、ECを新たな収益の柱へ | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2020年7月20日(月) 08:00
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「Gunosy(グノシー)がネット通販事業に本格参入、ECを新たな収益の柱へ」 からご覧ください。

情報キュレーションアプリ「グノシー」のGunosyがネット通販事業に参入する。

「グノシー」の「クーポンタブ」を切り出して展開しているクーポンアプリ「オトクル」内で、日用品ECのテスト販売を始めた。

また、8月28日開催予定の定時株主総会で、定款の第2条に「インターネットを利用した各種商品の販売及びEC(電子商取引)サイトの開設並びに運営」を加えることを付議。ECの本格展開に備えての準備を進めている。

Gunosy(グノシー)がネット通販事業に本格参入 定款の変更案定款の変更案(画像はIRニュースからキャプチャ)

クーポンを中心に、抽選プレゼント、ポイント、お得な買い物情報などのコンテンツを配信している「オトクル」は、広告収益を中心とした「グノシー」に次ぐ第2の収益の柱を創造するための新規領域事業の1つ。

Gunosy、は新型コロナウイルスの影響によって広告主の予算不透明化、広告市場を含めた景気の長期低迷リスクが顕在化していると説明。「グノシー」を中心とした既存領域は収益性向上に注力し、新規領域への積極投資に方針転換した。

「広告収益によるマネタイズを検証中。ユーザーロイヤリティが高く、既存メディアと比べても投資対効果は良好」(Gunosy)という「オトクル」。今後はEC領域への投資を強化し、新たな収益の柱となる事業をめざすとしている。

Gunosy(グノシー)がネット通販事業に本格参入、ECを新たな収益の柱へ「オトクル」のKPI状況(画像は決算説明会資料からキャプチャ)

「オトクル」内にECコンテンツを追加。ECサービス「とくまろ商店」として、日用品を数量限定でお買い得価格にて販売するテストマーケティングを始めている。

Gunosy(グノシー)がネット通販事業に本格参入、ECを新たな収益の柱へ 「オトクル」と「とくまろ商店」ECサービスについて(画像は決算説明会資料からキャプチャ)

 

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:Gunosy(グノシー)がネット通販事業に本格参入、ECを新たな収益の柱へ
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

瀧川 正実
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

リアルタイム検索
Webに公開されたコンテンツが、すぐに検索できるようになる仕組み。 または ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]