User Insight 2リリース、広告・コンバージョンの属性解析が可能に | Insight for WebAnalytics

Insight for WebAnalytics - 2009年11月25日(水) 13:49
このページは、外部サイト Insight for WebAnalytics の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「User Insight 2リリース、広告・コンバージョンの属性解析が可能に」 からご覧ください。
2009/11/25のユーザーローカルのリリースから。

http://ui.userlocal.jp/news/27/

新バージョンである ver.2.0 では、従来からの特徴であるサーモグラフィ表示「ヒートマップ」に加え、広告管理やコンバージョンなど機能を大幅に追加しました。さらに、ユーザーインサイトの特徴である性別や年齢などのユーザー属性を、広告管理・コンバージョンなどと連動できるようになり、「コンバージョンしたユーザーの男女比」や「この広告からアクセスしてきたユーザーの年齢層」などを推計することが可能になりました。

<新機能サマリー>
(1) 広告管理・コンバージョン機能 およびユーザー属性との連携
広告管理とコンバージョンの機能が新たに加わりました。直接・間接・重複コンバージョンを測定できます。さらに「この広告を閲覧したユーザーの年齢・性別の割合」や「コンバージョンしたユーザーの組織名」など、User Insight ならではの解析も実現しています。
(2) リアルタイム解析
その日のページビューや訪問者数、ユニークユーザーなどをリアルタイムに解析し、管理画面上で動的にカウントアップします。また「誰が」「いつ」「どのページに」「どんなキーワードで」アクセスしてきたかというユーザーの足あともリアルタイムに更新します。
(3) 「年収」や「ログイン/非ログイン」などユーザー属性項目を追加
これまでも性別や年齢、地域や業界、組織名などでユーザー属性を分析できましたが、新バージョンからは「年収」の項目が加わりました。さらに、会員サイトなどでは「ログイン/非ログイン」の割合を算出できるようになりました。
(4) Twitter やソーシャルブックマークなど、ネット上の評判を解析
商品名や解析対象 URL などを登録しておくと、Twitter 上でどんなクチコミが起こったかを解析します。いつどのタイミングで、どれくらいのクチコミが増えたのかもトラッキング可能。また解析対象サイトに付与されたソーシャルブックマーク数の推移、RSS 購読者数の推移を追うことができます。







メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]