FirebaseとGA4の連携方法と解除の落とし穴!まとめ

「Firebase プロジェクトと GA4 プロパティの連携方法」と、「連携を解除する際の注意点」についてご紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Googleより2020年10月に、次世代の“新しいGoogle アナリティクス”として「Google アナリティクス 4 プロパティ(以下、GA4)」が、リリースされました。

この GA4 と FIrebase を連携することで、アプリのアナリティクスデータを GA4 のレポート機能や分析機能を使って確認できるようになりました。
今回は「Firebase プロジェクトと GA4 プロパティの連携方法」と、「連携を解除する際の注意点」についてご紹介します。

 

Firebase プロジェクトと GA4 プロパティを連携する際には、「新規で GA4 のプロパティを作る」または「既存のGA4 プロパティを使う」の、どちらかを選択することになります。
連携先を間違えると、後述する「連携解除」の際に、データの収集が困難になるケースがあります!!
そうならないために、連携解除時のリスクについても、しっかり把握しておく必要があります。

では、さっそく詳しく見ていきましょう!

Firebase プロジェクトとGA4 プロパティの連携方法

Firebase プロジェクトの設定画面から、GA4 のプロパティと連携できます。
それでは連携方法を見ていきましょう。

 

ヘルプ:https://support.google.com/analytics/answer/9289234?hl=ja#linkga

(1)Firebase の管理画面にログインします。
(2)「設定画面>統合> Google Analyticsのカード」で“有効にする”を選択します。
(3)「Google アナリティクスの構成」の ① で GA4 のプロパティを新規で作成するか、連携したい既存の GA4 プロパティが含まれるアカウントを選択します。
既存のプロパティと連携する場合、② でプロパティを選択します。
この項目は見つけにくいですが、忘れずに選択しましょう。

これで Firebase プロジェクトと GA4 プロパティは連携され、アプリのアナリティクスデータを GA4 のレポート機能や分析機能を使って確認できるようになります。

Firebase プロジェクトとGA4 プロパティの連携解除の方法

Firebase プロジェクトと GA4 のプロパティの連携は、簡単に解除することができます。
それでは、連携解除の方法を見ていきましょう。

(1)Firebase プロジェクトにログインし、①「歯車マーク」をクリック
(2)②「統合」タブをクリック
(3)「Google アナリティクス」の③「管理」をクリック

(4)連携を解除したい Google アナリティクスのプロパティの ④ をクリック
(5)⑤「このプロジェクトからアナリティクスをリンク解除」をクリック

(6)警告テキストの内容を確認し、⑥「Google アナリティクスのリンクを解除する」をクリック

これで Firebase と GA4 の連携は解除されます。

ただし、最後のページで警告テキストが大きく表示されるように、連携解除には注意するべき点がいくつかあります。
では、Firebase と GA4 の連携を解除する際の注意点について見ていきましょう。

ちょっと待って!FirebaseとGA4の連携を解除した場合の影響

連携解除時の注意事項が表示されたポップアップ画面

Firebase プロジェクトと GA4 プロパティの連携解除には注意が必要です!
なぜなら連携を解除すると、Firebase コンソールから解除前の過去のアクセスデータを確認できなくなってしまうからです。
これは連携時に、Firebase 側で持っていたデータが GA4 側に移行するためです。

よって、連携を解除した GA4 側では、解除前の過去データを確認できます。
Firebase 側から解除前の過去データを確認するには、解除した GA4 プロパティに再度連携する必要があります。
その一方で、新しく別の GA4 と連携した場合、新しいプロパティでは連携後のデータからとなり、どちら側からも過去データを見ることはできません。

AdMob など別のツールと連携していた場合、連携が解除されたり、Cloud Messaging など一部の Firebase の機能も利用できなくなります。

できるだけ避けたい連携解除 こんなケースに注意!

このようなリスクや追加作業が発生するため、Firebase と GA4 の連携を解除するのはできるだけ避けたいところです。
そこで、連携解除が必要になりそうなケースについて考えてみましょう。

Case.1)Firebase と GA4 を連携したが、GA4 のアカウントにログインできなくなってしまった!?

Firebase での開発を外部パートナーA社に委託していて、GA4 のプロパティ作成も依頼した。外部パートナーA社の担当者は、あまり知見を持たないながらも手順書どおりに Firebase とGA4 を連携した。
その後、外部パートナーA社の担当者が退職。GA4 のアカウントはその担当者以外に共有設定がされておらず、誰も GA4 にログインできなくなってしまった。

この場合、Firebase にログインして連携を解除し、新しく GA4 プロパティを作り直して連携する必要があります。なお、逆に GA4 から Firebase の連携を解除することはできませんので、Firebase のログイン情報の紛失にも十分ご注意ください。(2020年12月現在)

Case.2)Firebase と GA4 を連携する際に、プロパティの選択を忘れてしまった!?

Firebase と GA4 を連携する際に、プロパティの選択画面に気づかず、そのままアカウントとプロジェクトを連携してしまった。

この場合、連携を解除し、任意のプロパティと連携し直す必要があります。

連携解除!?そうならないために事前に気をつけることは?

今回は Firebase と GA4 の連携方法と、連携解除の注意点についてご紹介しました。
連携解除にはリスクや追加作業が伴なうため、連携する際にはどんなデータをとりたいのか事前にしっかり考え、連携するプロジェクトとプロパティを整理し、計画的に実施することが重要です。

イー・エージェンシーでは、Google アナリティクス 360 やサポートをご契約のお客様を対象に、GA4 の導入支援も行っております。
まずはお気軽に下記よりお問い合わせください。

Firebase ・ GA4 に導入に関するお問い合わせはこちら

 

Google アナリティクス 360をはじめとする
Google マーケティング プラットフォーム導入・活用支援サービス

https://googleanalytics360-suite.e-agency.co.jp/

株式会社イー・エージェンシー
https://www.e-agency.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CVR
顧客転換率。購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標。 CVR ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]