オウンドメディアとは?|メリット・デメリットと成功事例10選

近年、多くの企業がコンテンツマーケティングとして運用している「オウンドメディア」。集客や採用などに役立つため、運用をはじめようか悩んでいるWeb担当者も多いのではないでしょうか。オウンドメディアはすぐに導入できるというメリットはありますが、コストに見合わないというケースも少なくありません。では、どのようにオウンドメディアを運用していくのでしょうか?
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

オウンドメディアとは?

オウンドメディアとは、どのような役割をもつメディアなのでしょう。今回はメリットとデメリットと合わせて「Grab」内で紹介いたします。

オウンドメディアの概要

オウンドメディアとは「Owned Media」のことで、自社で保有しているメディアを意味しています。

例)自社のWebサイト・ブログ・パンフレット・SNS(Twitter・Facebookなど)

一般的には自社Webサイトのことをオウンドメディアと呼ぶことが多いです。

オウンドメディアは「自社サービスの認知度アップ」「自社サービスのファン増加」を目的として運営されています。

オウンドメディアのメリットとは?

多くの企業が運営しているオウンドメディアには、たくさんのメリットがあります。気になるメリット・デメリットは「Grab」でじっくりチェックしてみてください。

>> オウンドメディアとは?|メリット・デメリットと成功事例10選

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]