【11/5開催】「いま作るべき顧客体験を学ぶ12回|第3回 チャネル横断時代の顧客体験設計」ウェビナーに登壇いたします/ ソーシャルログイン・ID連携サービス「ソーシャルPLUS」

複数のチャネルを横断するユーザーが当たり前になった昨今において考えるべき顧客体験がどのようなものか、またその具体的な事例などについて、両社でお話しさせていただきます。 フィードフォースからは、「ID連携で実現する、LINEを活用した顧客体験の向上とコミュニケーション最適化」というテーマで講演予定です。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

2020年11月5日(木)、株式会社Sprocket、株式会社フィードフォースの主催にて「チャネル横断時代の顧客体験設計」をテーマにしたウェビナーを開催いたします。

本ウェビナーでは、複数のチャネルを横断するユーザーが当たり前になった昨今において考えるべき顧客体験がどのようなものか、またその具体的な事例などについて、両社でお話しさせていただきます。

フィードフォースからは、「ID連携で実現する、LINEを活用した顧客体験の向上とコミュニケーション最適化」というテーマで講演予定です。

セミナーの詳細・お申込みはこちら

こんな人におすすめ

  • デジタルマーケティングご担当者
  • チャネルごとのコミュニケーション最適化にお悩みの方
  • LINEを活用し顧客体験の向上をさせたいとお考えの方

セミナー開催概要

  • 主催:株式会社Sprocket、株式会社フィードフォース
  • 日時:2020年11月5日(木)13:00~14:20
  • 開催方法:ウェビナー
    ※オンライン配信(事前登録制)でZoomを使用いたします
  • 参加費:無料
  • 詳細・お申込み:
    https://www.sprocket.bz/event/20201105_onlineseminar

「ソーシャルPLUS」について

「ソーシャルPLUS」は、ユーザーのIDとプラットフォームのIDを連携することでプラットフォーム上でのコミュニケーションを可能にし、ソーシャルログイン機能を既存のWebサイトに簡単かつ安価に導入できるサービスです。LINEやApple、Yahoo! JAPANなど、複数のプラットフォームに対応しています。

また「ソーシャルPLUS」のLINEログインオプションは、企業のLINE公式アカウントと連動するLINEログインをはじめ、LINE Profile+や自動友だち追加機能、Messaging API等、LINEを活用した顧客とのOne to Oneコミュニケーションに必要となる各種機能の導入にも対応しています。

さらに「ソーシャルPLUS」が提供するメッセージマネージャーでは、特定のユーザーに対し、ブラウザ上の操作で簡単にメッセージの送信が可能で、通常のLINEのように1:1でトークする事が可能となる「カスタマーサポート」機能も提供しています。顧客からの問い合わせや予約受付といった個別対応に活用でき、ユーザーの利便性が大きく向上します。

・ソーシャルPLUSについて:https://socialplus.jp/

本プレスリリースに関するお問合せ

株式会社フィードフォース セミナー事務局
担当:大西
Mail:pr@feedforce.jp

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]