WACULが「オウンドメディア構築プラン」開始、構築から運用まで総合的に支援

ユーザー行動を中心に考えてコンバージョンの最大化につながるメディアを設計

AI(人工知能)活用のマーケティングツールを展開するWACUL(ワカル)は、新たなサービス「オウンドメディア構築プラン」を始めた、と10月19日発表した。同社が蓄積してきたノウハウを生かし、オウンドメディアの構築から運用まで総合的に支援。ユーザー行動を中心に考えてコンバージョン(CV)=最終成果=最大化につながるメディアを設計する。

企業が自ら情報を発信するマーケティングツールとしてオウンドメディアの重要性が増す一方、専門的なノウハウや初期投資が構築の課題になっているため、オウンドメディア構築プランを展開する。同プランでは、WACULの成功事例を基盤にしたオウンドメディアのパッケージテンプレートを利用することで、低コストでの導入・運用を可能にした。

オウンドメディア構築プランは、SEO(検索エンジン最適化)での優位性を高める機能を搭載。キーワードリストを作成する。オープンソースのCMS(コンテンツ管理システム)「Wordpress」の採用で直感的な操作と更新コスト削減を実現。WordPressのインストールから初期設定まで行う。記事カテゴリやテーマも設定する。価格は150万円(税別)から。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザビリティテスト
ユーザビリティテストとは、Webサイトやアプリなどのユーザビリティ上の問題点を見 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]