オウンドメディアの貢献度やユーザーの態度変容を分析できる「Owned Media Insight」を発表

コンテンツマーケティングの集客・顧客育成・効果測定の課題を解決
よろしければこちらもご覧ください

ビッグデータ分析のユーザーローカルは、オウンドメディア運営者を対象にしたデータ分析ツール「Owned Media Insight」(オウンドメディア・インサイト)を4月22日に発表した。

0426_ownedmediainsight_01m.png
Owned Media Insightの画面イメージ

Owned Media Insightは、サイトを訪れたユーザーの性別・年代・嗜好・興味・関心などの属性を自動判定し、正しいターゲット層にリーチしているかを評価できる。また、自社媒体や他社媒体の記事がSNSでどう拡散されているか、どんな記事が「刺さる」のかも調査可能。

さらに、コンテンツの接触でユーザーがどのように態度変容したかというオウンドメディアのビジネスへの貢献度も分析できる。同ツールの利用により、コンテンツマーケティングにおけるヒットコンテンツ不足やビジネス貢献度の見える化など、集客・顧客育成・効果測定の課題を解決する。

同ツールの導入費用は、初期費用5万円、月額利用料は月間50万PVまでは10万円、月間400万PVまでは15万円で利用可能。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]