さくらインターネット、コンテナ型仮想化技術を利用したホスティングサービス「Arukas」のβテスト開始

Docker開発環境で作成したコンテナイメージをインターネット上に公開可能
よろしければこちらもご覧ください

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、米Docker社が開発するコンテナ型仮想化技術「Docker」を利用したホスティングサービス「Arukas」を開発し、無料で利用できるオープンβテストを2016年9月末まで実施する、と4月27日発表した。Dockerはオープンソースのコンテナ型の仮想化ソフトウエアで、これまでの仮想化技術に比べ、サーバーリソースをより効率的に利用できる。Arukasは、Docker開発環境で作成したコンテナイメージをインターネット上に簡単に公開できる。

Arukasは、特定のレポジトリ(データや情報、プログラムなどを保管する場所)にアップロードしたコンテナを指定することで、ハードウエアやネットワーク経路を意識せずにアプリケーションが登録できる。登録したアプリケーションを起動すれば、最速15秒でアプリケーションが利用可能になる。なお、Arukasオープンβテストは既に提供を開始しており、サービスページで利用を申し込むことができる。

さくらインターネット
https://www.sakura.ad.jp/

Arukas
https://arukas.io/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]