宮﨑悟氏の「KUSANAGIでクラスタを組んでみよう」第3回がデジタル・ヒュージ・テクノロジーで公開されました。

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「宮﨑悟氏の「KUSANAGIでクラスタを組んでみよう」第3回がデジタル・ヒュージ・テクノロジーで公開されました。」を公開しました。

###

宮﨑悟氏の「KUSANAGIでクラスタを組んでみよう」第3回がデジタル・ヒュージ・テクノロジーで公開されました。
興味がある方はご覧ください。

前回はファイル同期について説明しました。今回は、mariadbとGalera Cluster の組み合わせについて説明します。

目次  
1. Galera Clusterとは

Galera Clusterとは

Galera Clusterは、mysql5.x/mariadb上で稼働するActive-Activeクラスタ実装の一つです。複数ノード間のDB情報を同一の内容になるよう維持します。
かつてDBのクラスタといえば、Active-Stanby型のクラスタが殆どでした。Active-Standbyでは、DBデータをコピーしているだけのStandby機が必要です。そのため2台のマシンが必要で、切り替え時間も遅く、性能も1台のみの性能となります。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_3456

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]