誤訳が起こりやすくなる原因とは ~大坂なおみ選手の記者会見より~

待ったなしのぶっつけ本番勝負である通訳。誤訳になる要因は何でしょうか。

今年の初め、大坂なおみ選手の記者会見での発言が誤訳され、朝日新聞社とYahoo!ニュースが謝罪と訂正を行ったことは記憶に新しいと思います。あれは、記者も要領の得ない質問をしているので、答える大坂選手も可哀想ですが、大坂選手の回答も記者会見の受け答えに慣れていないのか、慎重になっているのか、とても訳しにくいものでした。
文字に書き起こすと下記のようになります。

「But I think for me...I don't...like, I get why people would be upset about it」

 

この文章の誤訳は「I get」=「理解できる」を「I don’t get」=「理解できない」と訳したことにあります。
誤訳 :「なぜ多くの人が騒いでいるのか分からない。この件についてはあまり関心が無いし、悪く言いたくない」
訂正文:「騒ぐ人たちのことも理解はできる。この件についてはあまり気にしていない。」

普通に動画で話を聞くと「I don't...like」の部分は日本語で言うところの「あのー」「うー」「えー」と行った間と同じで、大して意味のないものだと気づくことができます。
ただ、文字に起こしたものを読むと、急に解釈が難しくなってしまいます。誤訳の原因は...

▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l007_201909.html

 

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]