Google Cloud Next 19にみるマルチクラウドという流れ

Google Cloud Next 19にみるマルチクラウドという流れ
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

2019年7月31日から8月1日の2日間、東京プリンスホテルでGoogle Cloudの年次カンファレンスイベント「Google Cloud Next ’19 Tokyo」が開催されました。そのテーマは「かつてないクラウドを体験しよう」。Google Cloudは、クラウドサービスとしては「Amazon Web Services(AWS)」「Microsoft Azure」に次ぐポジションですが日本でもここ最近関心が高まっており、今回のイベントには1万9000人を超える登録がありました。各種メディアで一番とりあげられたのは「Anthos」。Googleが2019年4月発表したクラウドOS「Anthos」。Anthosを使えば、開発者はどのクラウドインフラを使うか気にすることなく、アプリケーション開発に注力できる。Anthosは、オンプレミス環境をはじめ、Google Cloudでも、他のパブリッククラウドでも動く。業界標準に準拠し、ベンダーロックインも発生しない。AnthosをはじめGoogle Cloud Nextで紹介された各種サービスなどをオンラインメディアからピックアップして紹介します

Google Cloud Next 19にみるマルチクラウドという流れ

 

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

汎用JPドメイン名
日本のドメイン名である.jpドメイン名の、さらに細かい種別の1つ。 「ドメ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]