Google Cloud Next 19にみるマルチクラウドという流れ

Google Cloud Next 19にみるマルチクラウドという流れ

2019年7月31日から8月1日の2日間、東京プリンスホテルでGoogle Cloudの年次カンファレンスイベント「Google Cloud Next ’19 Tokyo」が開催されました。そのテーマは「かつてないクラウドを体験しよう」。Google Cloudは、クラウドサービスとしては「Amazon Web Services(AWS)」「Microsoft Azure」に次ぐポジションですが日本でもここ最近関心が高まっており、今回のイベントには1万9000人を超える登録がありました。各種メディアで一番とりあげられたのは「Anthos」。Googleが2019年4月発表したクラウドOS「Anthos」。Anthosを使えば、開発者はどのクラウドインフラを使うか気にすることなく、アプリケーション開発に注力できる。Anthosは、オンプレミス環境をはじめ、Google Cloudでも、他のパブリッククラウドでも動く。業界標準に準拠し、ベンダーロックインも発生しない。AnthosをはじめGoogle Cloud Nextで紹介された各種サービスなどをオンラインメディアからピックアップして紹介します

Google Cloud Next 19にみるマルチクラウドという流れ

 

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]