NVIDIAがAIスパコンにブラウザでアクセスできるサービス「NVIDIA DGX Cloud」を発表

「Oracle Cloud Infrastructure」「Microsoft Azure」「Google Cloud」で利用可能に

半導体大手の米国NVIDIA(エヌビディア)は、生成AI(人工知能)やアプリケーションの開発で高度なモデルをトレーニングするのに必要なインフラとソフトウェアにアクセスできるAIスーパーコンピューティングサービス「NVIDIA DGX Cloud」を3月21日(現地時間)発表し、日本語訳を3月22日に公表した。ブラウザでAIスーパーコンピューター(スパコン)にアクセスでき、オンプレミス(自社所有)インフラの構築や管理の複雑さを解消する。

 

NVIDIAのAIソフトウェアと組み合わせた「NVIDIA DGX AIスーパーコンピューティング」を月単位でレンタルする。スパコンを使った大規模な開発を迅速で簡単にスケーリング(処理能力の増強)できる。主要クラウドサービスと提携しており、まず「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」を通じてDGX Cloudを利用できる。「Microsoft Azure」と「Google Cloud」でも近く利用できるようになる。

DGX Cloudを採用した企業には、バイオテクノロジーの「Amgen」や損害保険業界向けクラウドプラットフォームの「CCC Intelligent Solutions(CCC)」、デジタルビジネスプラットフォームプロバイダーの「ServiceNow」がある。Amgenは創薬の研究・分析に、CCCは損保の自動請求ソリューションのAIモデル開発に、ServiceNowは大規模言語モデルのAI研究にそれぞれDGX Cloudを活用して強化している。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]