アドビが顧客データ基盤「Adobe Real-Time CDP」で業界初の新たなイノベーション発表

的確なパーソナライゼーションによって企業のエクスペリエンス主導の成長を支援

米国アドビは、顧客データ基盤の「Adobe Real-Time Customer Data Platform(Real-Time CDP)」を強化した、と3月21日(米国時間)発表し、日本語抄訳を3月22日公表した。リアルタイムの顧客プロファイルで年間6000億以上の予測インサイト(洞察)を提供して、潜在顧客の発掘やコンバージョンの向上、B2Bアカウントベースドマーケティングの強化、オンライン購買行動を活用した高度なパーソナライゼーションを可能にする。

 

カンファレンスの「Adobe Summit 2023」でReal-Time CDPの最新イノベーションとして発表した。データ収集・活用基盤の「Adobe Experience Platform」に搭載されるReal-Time CDPのインサイトを活用して、企業は顧客のジャーニー(サービス利用のプロセス)の重要な瞬間に直接働きかけることができる。顧客体験と重要なインサイトを統合的にみられるようにすることで、パーソナライゼーションを大規模に提供する。

Real-Time CDPは「Adobe Experience Cloud」の新サービス「Adobe Sensei GenAI」を活用して、オーディエンスセグメントの複数バリエーションを自動生成し、数百万人規模の顧客にパーソナライズしたキャンペーンができる。「Adobe Journey Optimizer」を使用すれば、オンラインとオフラインで発生する顧客体験のシミュレーションが可能。最適なオファーやタッチポイントのインサイトをリアルタイムで得られる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザビリティテスト
ユーザビリティテストとは、Webサイトやアプリなどのユーザビリティ上の問題点を見 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]