アドビが新たな画像生成AI「Adobe Firefly」を発表、プライベートベータ版を公開

各アプリに統合して画像生成やテキストエフェクトを簡単な言葉で指示、商業利用が可能

米国アドビは、画像生成機能とテキストエフェクト(装飾文字)を中心としたジェネレーティブAI(人工知能)の「Adobe Firefly(ファイアフライ)」を3月21日(現地時間)に発表した。同時公開のプライベートベータ版で高品質な画像生成やテキストエフェクトを簡単な言葉で指示して体験できる。Fireflyは、クラウドアプリケーションを横断してアドビが開発するAI「Adobe Sensei」の一部になる。

 

プライベートベータ版でクリエイティブコミュニティやユーザーのフィードバックをもとに進化させ、各アプリに順次統合する。グラフィックデザインの「Adobe Express」やコンテンツ管理システム(CMS)の「Adobe Experience Manager」、画像・写真編集の「Adobe Photoshop」、イラスト作成の「Adobe Illustorator」でまず利用できるようにして、クリエイターによるアプリへの指示をより自然で直感的なものにする。

アドビのツールやサービスにFirelyを直接搭載することで、ユーザーは既存のワークフローの中で気軽に生成AIを活用できる。経験や才能に関係なく画像や音声、ベクター、ビデオ、3Dからブラシ、カラーグラデーション、動画変換まで思い描いたコンテンツをスピーディに生成できる。著作権フリー画像の「Adobe Stock」の素材を中心に商業利用してもIP(知的財産)を侵害するコンテンツ生成はしないよう設計されている。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]