さくらインターネットが「生成AI」の利用を想定したクラウドサービス「高火力」開始

第1弾は「NVIDIA H100 GPU」を搭載した「高火力 PHY」、月額304万6120円から提供

クラウドコンピューティングサービス事業のさくらインターネットは、生成AI(人工知能)向けクラウドサービス「高火力」の第1弾でベアメタルシリーズ「高火力 PHY(ファイ)」を1月31日から提供する、と1月24日に発表した。生成AIに必要な画像処理半導体(GPU)で米国エヌビディアの「NVIDIA H100 Tensor コア GPU」をサーバー1台当たり8基搭載する。サーバー間の通信は4本の200GbE(ギガビット・イーサネット)回線で行う。

クラウドコンピューティングに最適化した「石狩データセンター」

大規模言語モデルなどの生成AIを中心とした利用を想定した仕様で、再生可能エネルギー電源100%で運営する「石狩データセンター」(北海道石狩市)での提供を予定。CO2排出量ゼロを実現しながら生成AIを開発することができる。費用は月額304万6120円で、最低利用期間は2カ月。1年コミットプランは274万1508円、3年コミットプランは243万6896円。時間単位で貸し出しなどプラン拡充を検討している。

AIに関わるコンピューティングリソースの安定供給を確保することは、日本のデジタル社会を発展させるために必要不可欠と考え、さくらインターネットは生成AI向けクラウドサービスの開発に3年間で130億円規模を投資する。2023年6月16日には「経済安全保障推進法」に基づく特定重要物資の「クラウドプログラム」の供給確保計画に関する経済産業省の認定を受けている。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザビリティ
一般的には、Webサイトやソフトウェアなどの操作性や使いやすさを示す言葉。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]