さくらインターネットが画像変換・配信エンジン「ImageFlux」の料金システムを改定

利用規模に応じて4プランを用意、表示を高速化する「WordPressプラグイン」も提供

クラウドコンピューティングサービス事業のさくらインターネットは、同社が展開する画像変換・配信エンジン「ImageFlux(イメージフラックス)」の料金システムを12月15日に改め、利用規模に応じて4つのプランから選べるようにした、と同日発表した。併せて、ウェブページの表示速度高速化に役立つ「WordPressプラグイン」の提供も同日始めた。

ImageFluxは、1枚の画像を元に拡大・縮小、切り抜き、合成などで機器に最適化した画像を容易に生成して配信するクラウドサービス。これまでは画像を多用するECサイト、電子書籍、クチコミアプリなどを手掛ける法人利用が中心だった。今回料金プランのリニューアルとWordPressプラグインの提供で個人など小規模でも手軽に使用できるようにした。

料金プランは転送量、画像変換回数などの違いで「Personal」(月額550円)、「Startup」(同5500円)、「Business」(同2万7500円)、「Enterprise」(見積もり)。料金は税込み。WordPressプラグインは、CMS(コンテンツ管理システム)「WordPress」にアップロードしている画像を事前に設定したサイズや拡張子に一括変換し、高速にキャッシュ配信できる。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

O2O
O2Oは「Online to Offline」の略で「On2Off」と表現される ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]