さくらインターネットがアントアントのセキュリティ特化CMS「Secure CMS」を提供開始

「マーケットプレイス」の一環、各種セキュリティ機能を標準搭載、安心した運用が可能
よろしければこちらもご覧ください

クラウドコンピューティングサービス事業のさくらインターネットは、クラウド型CMS(コンテンツ管理システム)を展開するアントアントと提携し、同社のセキュリティに特化した多機能CMS「Secure CMS」の提供を7月15日に始めた、と同日発表した。Secure CMSはさまざまなセキュリティ機能を標準搭載しているため、ウェブサイトが安心して運用できるようになる。

さくらインターネットが他社との提携で実施している「マーケットプレイス」の一環。Secure CMSにはSSL、ファイアウォール、WAF(ウェブアプリケーションを守る対策)、改ざん検知、ぜい弱性対策などの機能があり、セキュリティ対策を個別に行う必要がない。CMSとしても、300種類以上のデザインテンプレートを用意。SEO(検索エンジン最適化)ツールも備える。

アントアントがサイト要件やセキュリティの相談を行ったうえでサーバー・CMS環境を構築する。利用者自身による設定などの準備作業は不要。現在の環境からSecure CMSを使った環境への移行作業もオプションで依頼でき、手間がかからない。標準プランで初期構築費用が11万円、月額料金は7万7000円(いずれも税込み)。オプションはサーバー構成などで異なる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]