Twitterが文章や画像を24時間限定公開する機能「フリート」を8月3日(米国時間)終了

会話に参加する新規ユーザーを増やす計画だったものの予想と異なっていたことが理由
よろしければこちらもご覧ください

米国Twitterの日本法人、Twitter Japanは、「Twitter」で文章、画像、動画を24時間限定公開する機能「フリート」を米国本社が8月3日(米国時間)に終了する、と7月14日発表した。フリートを機にTwitterで会話に参加する新規ユーザーを増やす計画だったものの、予想と異なっていたことが理由。日本では2020年11月に提供を始めた。

フリートは、「Instagram」の「ストーリーズ」と似た機能で、投稿が24時間で削除されるため気軽に発信できることが特長。投稿をためらっているユーザーの利用を促すことを狙いに導入した。しかし実際には、既に投稿を楽しんでいる層が投稿を広めたり、他のユーザーと直接やり取りしたりする目的で使っていることが分かった。

投稿するユーザーの拡大を目指すより、日常的に投稿しているユーザーのために力を入れることが重要と考えた。フリートの大半は画像を含み、Twitterでは多くのユーザーが画像や動画を付けていることから、フリートで好評だった全画面カメラ、テキスト形式オプション、GIFステッカーなどの機能を今後、ツイートに取り入れる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]