今、顧客が「使っている考え方・軸」を適用するマーケティングが重要なワケ

今、顧客が「使っている考え方・軸」を適用するマーケティングが重要なワケ
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

最近、世間に流通している情報には主に2種類あるような気がしている。

1つは、「楽に」「無理せず」「自分らしく」「そのままで」「心地よく」的な、もっと自分にやさしくしようよ!的な情報である。残業はしない方がいいし、人から言われた嫌なことは避けることでより幸せになると説明するような記事が代表例である。働き方改革に全面的に賛同する立場であり、残業が少ない方が幸せなのだ的に言っている。

一方で、「無理をしよう」「嫌なことを進んでやろう」「どんどん挑戦しよう」的な、自分自身に厳しくあるべきと説明する情報もある。例えば、人間が何かの領域において、出来なかったことを出来るようになるためには、無理をしなければ成し遂げられないと説くものである。働き方改革に反対というわけでもないが、しかし、やれることをやっていても出来なかったことが出来るようにはならない。成長はしないとする立場である。

続きはこちらからご覧いただけます。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]