「良い目的」と「悪い目的」の違いを見極めてマーケティングを効率化させよう。

「良い目的」と「悪い目的」の違いを見極めてマーケティングを効率化させよう。

戦略的に考えるあたって「目的」を明確化することはとても大切である。戦略が目的達成のための自社資源の利用方法である以上、目的がなければ戦略を考えることも決めることも出来ないからだ。目的があって初めて戦略が生まれるのだ。

しかし、多くの企業において「目的が不明瞭」であるがために、効果的な戦略を立案出来ないことが頻繁に起きる。「不明瞭な目的」では、どこを目指すのかが不明確なのだから、遠回りな戦略を採用してしまったり、効果的でない戦略を選択してしまう可能性がある。さらに、そもそも遠回りをしているのか、最短距離なのかさえ分からないのが「目的が不明瞭」である場合によく起きることだ。

続きはこちらからご覧いただけます。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセシビリティ
広義には、障害者、高齢者を含むすべての人間が、同じレベルでサービスや機器、施設を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]