ヘビーユーザーへのマーケティングは「売上増加には貢献しない」

ヘビーユーザーへのマーケティングは「売上増加には貢献しない」
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

購入回数はブランド毎に変化せず、どのブランドでも上記のような顧客分布(ライトユーザーが多い)を示すのであれば、トップブランドと下位ブランドの決定的な違いは、ライトユーザーの獲得人数にあるということである。言い換えれば、ライトユーザーをどれだけ大量に獲得出来るかがシェア獲得に大きく影響しているということだ。ヘビーユーザーはシェア獲得には大きな影響を与えないということだ。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

行動ターゲティング
ネット広告の種類の1つ。 ユーザーごとに、そのユーザーがネット上でどんなサ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]