イケアは生き残れるか?消費者の変化に適応したマーケティング施策が必要とされている。

イケアは生き残れるか?消費者の変化に適応したマーケティング施策が必要とされている。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

イケアにとって、この消費者の「ネットで何でも買うことが出来る」というフィルター・思考枠は売上を低下させるネガティブなフィルター・思考枠である。以前の記事でも取り上げたように、コカ・コーラは世の中の消費者がコカ・コーラを「不健康は良くない」「カロリーが高いものは良くない」というネガティブなフィルター・思考枠が強くなってきていることに気づき、そのネガティブなフィルター・思考枠を削除するために「コカ・コーラゼロ」を発売し解決しようとした経緯がある。

同じようにイケアにとっても、この消費者に新たに生まれたフィルター・思考枠が解消すべき問題となったわけだが、コカ・コーラのようにはいかない。イケアはどうすべきなのだろうか?

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドバテインメント
広告(advertisement)とエンターテインメント(entertainme ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]