PHPの最新状況:PHP 7.4開発が本格化(廣川類氏)

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

PHPの最新状況:PHP 7.4開発が本格化(廣川類氏)プライム・ストラテジー株式会社はコラム「」を公開しました。

###

こんにちは、2019年最初のコラムとなります。本年もよろしくおねがいします。2018年は、PHP 7系の最新版としてバージョン7.3が年末の2018年12月6日にリリースされ、また、PHP 5系の最終版であるバージョン5.6が2018年12月31日をもってサポート期限切れ(End-Of-Life)を迎え、PHP 5からPHP 7への移行という意味で節目の年となりました。本稿では、最近のPHPの更新状況と次版であるバージョン7.4に向けた開発状況を紹介します。 
PHPの更新状況
PHP 5系については、従来から2018年いっぱいをもってセキュリティ関連修正を含むサポート期限が切れるとされており、2018年12月6日にリリースされたバージョン5.6.39が最終版となるはずでした。しかし、比較的重要度の高いセキュリティ関連のバグ修正が必要となったため、計画を変更して2019年1月10日にバージョン5.6.40がリリースされました。バージョン5.6.40では、12件のセキュリティ関連の修正が行われています。今回のバージョンがPHP 5系の最終バージョンとなる予定ですが、今後、特に重要度が高いセキュリティ修正が必要となった場合には、修正版がリリースされる可能性があるとphp.netでアナウンスされています。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_2613

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]