PHPの最新状況:PHP 7.4.0/7.4.1がリリース(第10回)

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「PHPの最新状況:PHP 7.4.0/7.4.1がリリース(第10回)」を公開しました。

###

2020年が始まりました。本年もよろしくお願いいたします。昨年末は、予定通り11月末にPHP 7.4がリリースされ、12月初めに開かれたPHPカンファレンス2019で「PHPの今とこれから2019」と題してPHP 7.4の新機能などを紹介させていただきました。PHP 7.4本体の主要な変更点はすでに数回にわたりこのコラムで紹介しています。今回のコラムでは、PHP 7.4以降、PHPの周辺にどのような変化が予想されるかについて考えてみたいと思います。

目次  

1. PHP 7.4のリリース状況
2. PHPの開発とメンテナンス
3. PHPの未来

PHP 7.4のリリース状況

 PHPバージョン7の最新版としてPHP 7.4.0が予定通り2019年11月28日にリリースされました。その後、バグ修正版にあたるPHP 7.4.1が2019年12月18日にリリースされています。PHP 7.4.1では、セキュリティ関連を含む複数の修正が行われていますので、早めにアップデートすることを推奨します。なお、PHPの各バージョンのサポート期間は、リリース後2年とされており、これにセキュリティ関連の修正を1年行った3年間が過ぎると、EOL (End-of-Life)としてセキュリティ関連の修正を含むすべてのサポートが打ち切られることになっています。図1に主要なバージョンのサポート期間を示します。PHP 7においても、PHP 7.0のサポートはすでに2018年12月に終了しており、PHP 7.1についても2019年12月1日に終了しました。サポート終了後も各ディストリビュータでサポートが継続される可能性はありますが、早期のバージョン更新が必要となります。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_3547

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]