WebやFacebookの企業ご挨拶で「明けましておめでとうございます」を使わない理由

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「WebやFacebookの企業ご挨拶で「明けましておめでとうございます」を使わない理由」

いろいろな考え方があるとは思いますが、一般的な考え方をまとめました。

企業から不特定多数になるため、無難な書き方がよいと思っています。
ご参考になれば幸いです。

###

さて、今日から仕事始めの会社も多いと思います。

コーポレートサイトやFacebookページなどで新年の」ご挨拶を表示するケースも多いと思います。

法律で決まっているわけではないので、基本的にどう書いても企業の自由ではありますが、一般論として「明けましておめでとうございます。」をWebに掲載しない理由がありますので、ご紹介します。

(個人のご挨拶の場合は特によいかと思います)

コーポレートサイトなどで「明けましておめでとうございます」を使わない理由は以下の通りです。

・社員の中や社外の方にも喪中の方がいるため、直接的な「おめでとうございます」的な表現を避けたほうが無難であるため

別の意味で避けたほうが無難な言葉には以下があります。

(この続きは以下をご覧ください)
http://blogs.itmedia.co.jp/yoshimasa/2019/01/webfacebook.html

 

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]