※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

昨今では、より洗練された見た目にするために、Webフォントを使用することが一般的になっています。しかし、日本語、中国語、韓国語などの2バイトフォントは、単純に文字が多いことからWebフォントの種類が少ない、また、普及度合いが低い現状があります。

アルファベットは、26文字しかありません。大文字、小文字、数字、記号を含めても100文字程度です。一方、日本語にはひらがな、カタカナ、漢字、記号など、およそ7000文字以上も含まれています。
2バイトWebフォントは、収録しなければならない文字数が多いため、作成者が少なく、優良なものも多いという当然な理由により、Webフォントの選択肢は狭くなっています。一例として、「Google Fonts」で比較すると、英語Webフォントが832個あるのに対し、日本語Webフォントは9個しかありません(2017年8月時点)。

無題

とはいえ、ヒラギノなど、WindowsやAndroidでは標準出力として用意されていないメジャーフォントもあります。
これを画像(画像化した文字)で実現するにしても、レスポンシブwebデザインが一般的になってきている現状で、様々な画面サイズで出力する際に画質が気になるなどの課題があります。また、改訂のたびにデザイナーの手を借りなければならないのも画像化するデメリットとして挙げられます。

デザイン上、字体のアレンジは読みやすさを演出し、滞在時間を伸ばすことができるなどメリットが多くありますから、Webフォントを利用する積極的な理由はあるでしょう。

Webフォントを導入する際に、一点だけ気を付けるべきは

▼詳しくはこちら▼

https://www.citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w003_201709.html

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]