代入演算子と数値型変換

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「代入演算子と数値型変換」を公開しました。
みなさんこんにちは。
このコラムでは、PHP技術者認定試験(初級)の出題範囲の中から、「PHP初心者だった自分に教えたい小ネタや技術」を、全18回に渡って解説していきます。

第9回目のテーマは『代入演算子と数値型変換』です。

代入演算子

みなさんすでにご存じのとおり、変数に値を格納する際には、代入演算子(=)を使用します。

<?php

 $my_age = 25;

?>

このイコール記号は、算数の式「1 + 2 = 3」で使用しているイコールとは別物です。

算数の場合

「1 + 2 = 3」→「1に2を加えたものは3に等しい」という意味

プログラムの場合

「$my_age = 25」→「変数$my_ageに25を代入する」という意味

代入演算子の右辺には計算式も使用できます。

<?php

 // 今年

 $my_age = 25;

 // 10年後

 $my_age = $my_age + 10;

 echo $my_age; // 35
?>

もともとの変数の値に加算する場合は、以下のように「+=」を使う書き方もできます。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/5698/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]