Rubyでグラフを作成! LazyHighCharts

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「Rubyでグラフを作成! LazyHighCharts 」を公開しました。
こんにちは。 ゼネットの藺藤です。

 さて突然ですが、「Rubyでプログラミングした後、得られたデータをグラフ化したい」という時、皆さんはどうしますか?
 今回はRubyを使って色々なグラフを描くことができる「LazyHighCharts」を紹介したいと思います。(*1)  LazyHighChartとは、「HighCharts(*2)」というJavaScript製グラフライブラリをRubyでラップしたGemです。 元になっているHighCharts 自体、様々な種類のグラフに対応した便利なライブラリですが、これをRuby言語で平易に扱えるようにしたものです。 Railsアプリケーションで綺麗なグラフを描画したい場合に使えるでしょう。 LazyHighChartを使うと、例えば、次のようなグラフを描画できます。

fig01

 多くのケースでは、グラフを作成するときは次のようなフローに従うのではないでしょうか。

1.データストアからプログラムへのデータ読み込み
2.データの加工
3.グラフ描画(プレビュー、及び修正を加えて再描画)
 具体的にRailsを使ったWebアプリの場合を考えてみます。 この場合、Railsには「データの取得」と「データの加工・返却」までを担当させ、グラフの描画はJavaScriptのライブラリに任せることが多いかもしれません。
 もちろんこのようなやり方も悪くないのですが、サーバサイド(Rails側)で上記の(1)-(3)の全てを行ってしまいたい場合もあるでしょう。 例えば、「どのグラフを描くのかを、データの内容に応じて柔軟に変化させたい」といった場合にはサーバサイドで全てを行う方がより容易に実現できそうです。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/masuidrive/masuidrive20.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]