シェアすべきコンテンツ、すべきでないコンテンツ

数多くのコンテンツが溢れている中でシェアすべきコンテンツとはなにか、を考えていきます。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

世の中にはコンテンツが溢れています。街には、僅かな隙間を埋めるように広告がひしめき合い、テレビ放送においても、日々長時間にわたって情報を提供し続けています。

高精細な画面を埋めるようにWebサイトの文字は年々細かくなり、より多くの情報を送り出そうとしています。また、余白も広告スペースとして利用され始めています。

スマートフォンにも、広告などを含んだメールや通知が次々に届きます。

こうしたコンテンツの中には、企業が業務に取り込んで利用したくなるものが存在します。しかし、それらには、ときにシェアすべきでないものも含まれているので、注意が必要です。

今回は、シェアすべきコンテンツ、シェアすべきでないコンテンツは何かをみていきます。

シェアすべきコンテンツとは

ひとことで言えば、シェアすべきコンテンツは業務にとって役に立つものです。関係者間でシェアすることで、業務の効率化が図れる場合、あるいは、情報源としての利用価値が高い場合、それは「シェアすべきコンテンツ」と言えるでしょう。

定義の明快さとは裏腹に、シェアすべきコンテンツの選別は、それほど簡単ではありません。誤った情報を含んだコンテンツをシェアしてしまえば、関係者全員をミスリードすることにも繋がります。

まずは、シェアしたコンテンツについて、関係者間で内容の正確性などをチェックし、意見を交換し合う必要があり、関係者同士のコミュニケーションが求められます。

続きはこちらのサイトでご覧ください
http://handbookapp.net/jp/blog/2014/03/24/contents-that-you-should-share/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    1. シェアすべきコンテンツとは
    2. シェアすべきでないコンテンツとは
    3. シェアすべきでないコンテンツの利用は防止できる
    4. 何をシェアすべきか

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    よろしければこちらもご覧ください
    この記事が役に立ったらシェア!
    メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
    メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

    Web業界の転職情報

    もっと見る
    Sponsored by

    人気記事トップ10(過去7日間)

    今日の用語

    検索エンジン
    Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

    連載/特集コーナーから探す

    インフォメーション

    RSSフィード


    Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]