スパイスボックスがコンテンツマーケサービス「BRAND SHARE」開始、独自ツールで拡散効果まで計測

調査・企画制作・効果測定までワンストップ提供、独自ツールでソーシャルメディア上の拡散効果を計測する
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティング支援のスパイスボックスは、コンテンツマーケティングサービス「BRAND SHARE」を4月19日に提供開始した。同時に、BRAND SHAREで制作したコンテンツを掲載し拡散するニュースメディア「newStory」を公開した。

BRAND SHAREは、コンテンツマーケティングに取り込む企業に対し、ブランド調査・分析をもとにしたコンテンツ制作と、PRやネイティブ広告を組み合わせたプロモーション、独自開発システムによるコンテンツリーチ計測をワンパッケージで提供するサービス。

事前のブランド・ユーザー調査によって、ユーザーインサイトを踏まえつつ、ターゲットユーザーの共感や好意形成につながるコンテンツを洗い出し、ユーザーが自ら発信したくなるコンテンツを企画・制作することで情報拡散量の最大化を図る。また、独自のコンテンツリーチ計測によって、目に見えづらいソーシャルメディア上の拡散効果まで計測し、費用対効果を明らかにしていく。

newStoryは、BRAND SHAREで制作したコンテンツのプロモーションを担うニュースメディア。newStory上の露出に加え、連携するバイラルメディアへのネイティブ広告出稿などによって、ユーザーシェアを加速し、コンテンツリーチの最大化を実現する。

BRAND SHAREは先行して、東武タワースカイツリー、カルビー、CRAZY、他1社が導入を進めており、動画コンテンツ「かっぱえびせん定食」(カルビー)がサービス開始と同時に公開されている。


newStoryは、シェアしたくなる関心の高いコンテンツを扱う
https://newstory.jp/

BRAND SHARE
https://www.spicebox.co.jp/services/brand_share/

スパイスボックス
http://www.spicebox.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

クリエイティブ
広告やデザインにおける、作品そのものや作品に使われている素材のこと、または、そう ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]