関数仕様編 その7(参照について その4)

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「関数仕様編 その7(参照について その4)」を公開しました。
参照のお題ですでに四回目でございます…あと少しだけおつきあいいただければ幸いです。

さて早速ですが。
スカラー値以上に、配列の参照は色々と面倒だったり厄介だったり困難だったり至難だったりいたします。
用途にもよりますが、arrayObjectのご利用を早々に視野に入れていただくと、大変に「楽」かと存じます。

まず。
配列のcopyについて、考えてみましょう。
簡単なコードで、まず「配列の代入式は、配列のcopyになる」事を、改めて押さえておきましょう。

$awk = array(1,2,3);
$awk2 = $awk;
$awk[] = ‘awk';
$awk2[] = ‘awk2′;
var_dump($awk);
var_dump($awk2);

また。
配列も当然ですがcopy on writeですので、代入式のタイミングではメモリをさほど食いません。
片方に「変化を与えた」タイミングで一気にメモリに襲いかかります…ってあたりは、
以下のサンプルコードでご確認ください。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/1583/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JPRS
株式会社日本レジストリサービス(Japan Registry Services) ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]