【AWS】AMIMOTOで構築したwordpressに独自ドメイン割当手順【Route53

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「【AWS】AMIMOTOで構築したwordpressに独自ドメイン割当手順【Route53」を公開しました。
AMIMOTOでインスタンスを起動すると、「ec2-example.ap-foo-hoge.compute.amazonaws.com」と
いうPublicDNSが割り当てられます。このアドレスにブラウザでアクセスするとwordpressのインストール画面が
表示され、通常の手順でインストール完了☆となります。

インストール完了したら、次は「独自ドメイン」を割り当てましょう。

今回、ドメイン取得はバリュードメインを利用しました。

※AMIMOTOでインスタンス起動〜wordpressインストール方法は別記事でまとめています。
vol.15 ‐ AMIMOTO AMI.を使ってAWSでwordpressを構築してみた

AMIMOTO AMI(“網元AMI”)とは?
高性能なWordPress専用のホスティング環境を簡単に構築できるサービス。
WordPressを動作させるための環境(Linux,Nginx,PHP,MySQL)がワンクリックで構築可能。
また、WordPressに最適化/チューニングされた状態で提供されるので起動後すぐにWordPressを
利用することが出来る。

Amazon Route 53とは?
Amazon Web Services(AWS)のサービスの1つで、ドメイン名とIPアドレスをひも付け、
管理してくれるDNSの運用管理が可能。AWSの各種サービスとの親和性が高いのはもちろん、
他サービスのサーバのアドレスを指定することも可能。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/5170/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]