米国で平均年収1300万円の高額WebエンジニアRuby on Railsの求人動向をまとめたページが公開されました。

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Ruby on Railsの求人動向をまとめたページがヒューマンリソシアで公開されました。

###
Rubyという開発言語は初心者が理解しやすいということもあり、ほとんどのRubyの開発環境で使用されるRuby on Railsも初心者向けという印象を持たれることもありますが、実はそうでもありません。確かに、Ruby on Railsは少ないコード量で大きなシステムを作れてしまう側面もありますが、それ故に知っておかなければならないWebプログラミングの常識的背景が求められます。Ruby on RailsはWebサービス開発のルール(Rail)の集合体であり、その開発ルールがあるからこそWebサービスを少ないコード量で効率的に開発できるフレームワークなのです。

(この続きは以下をご覧ください)
http://resocia.jp/rails/claim/reward/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]