PHPで構築されたWebサイトが2億4400万に到達

PHPで構築されたWebサイトが2億4400万に到達
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

PHP技術者認定機構の吉政でございます。

※ここに記載されているデータの原文がほしい方は、以下よりお問い合わせください。
http://www.phpexam.jp/contact/

先日発表されたインターネットコムのニュースによれば、PHPで構築されたWebサイトが2億4400万に到達したそうです。 これが全世界のど れくらいのシェアに当たるかといえば、40%だそうです。個人的にはシェアはもっと高いと思っていたのですが、意外に少ないような気がします。シェアはまだまだですが、サイト数が2億4400万というのはすごいですね。逆に2億4400万個の仕事があったという事です。おめでとう、PHP!

ニュース記事によると、主要のCMSがほとんどPHPで作られており、CMSの普及とともにPHPのシェアが伸びていくとのことでした。個人的に いろいろな種類のCMSを使用していますが、PHP製が圧倒的に多いですし、PHP製のCMSのほうが非技術者が使いやすい傾向になるのは気のせいなので しょうか?例えば、NetCommonsを使うことが私は多いのですが、更新の落差で言ったら世界一のような気がします。デザイン的にはもっとなんとかで きないものかと思うのですが、技術を知らなくてもアンケートフォームをブラウザ上から作れるのは圧巻です。

さて、PHPの仕事がどれくらい伸びているかというと、米国では2005年を起点にJavaの仕事の数の成長率は約0倍に対してPHPは2.5倍強だそうです。

ちなみに、PHPは平均年俸上昇率でもランク外からトップ10に入りました。今まではソーシャル系がけん引してきたPHPですが、今後は+アルファ の要素としてCMSあ台頭してきているのは、個人的にうれしいですね。もっとCMSが普及すれば、それだけ、いいCMSが出てくると思いますので。

このブログを見て、やっぱりPHPやんなきゃ!という方には以下のキャンペーンをお勧めします。

NECラーニング PHPトレーニングコースを受けると、Amazonギフト千円が付いてくる上に、今ならPHP技術者認定試験が無料!しかも試験対策本もプレゼント!キャンペーン

※キャンペーンページ:
http://www.neclearning.jp/campaigns/201301020.html

※NECラーニングのPHPプログラミング研修のページ:
http://www.neclearning.jp/training/php.html

派遣登録してPHPの実戦経験を積みたい方はヒューマンリソシアのトレーニングも教材も試験も完全無料のPHPエントリープログラムがお勧めです。キャンペーンの詳細は以下をご覧ください。
http://resocia.jp/stepup/php_seminar.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]