MS、「マイクロソフト スマート ビジネスプラス」の提供を開始

よろしければこちらもご覧ください

マイクロソフトは1月24日、中小規模事業所のIT導入後の有効活用を支援するサポートサービス「マイクロソフト スマート ビジネスプラス」の提供を開始した。

同サービスは、中小規模事業所・個人企業のユーザーのアンケート調査結果をもとに、米国をはじめ世界8ヶ国で既に約16万人のに提供されている。今回の日本における導入にあたっては、ITコーディネータの資格を保有する公認会計士、および税理士の協力により、日本の中小規模事業所・個人企業の商習慣や企業文化に最適化したサービスを提供するという。

利用には、認証情報のWindows Live IDを取得し、スマート ビジネスセンターの会員登録が必要(無料)。会員向けに「トレーニング」「サポート」「ニュース」の3つのサービスが提供される。

そのほか、中小規模事業所・個人企業の業務内容に沿ったビジネススキルの習得ができるeラーニング形式の各種トレーニングコースや、Windows XPやWord、Excelをはじめ、Windows Small Business Server2003 など、中小規模事業所・個人企業で広く利用されているマイクロソフトの主要製品のヘルプコンテンツを一覧ですばやく検索ができるITヘルプライブラリー、ビジネスに役立つ最新ニュースが提供される。

マイクロソフト スマート ビジネス プラス
http://www.microsoft.com/japan/smallbiz/plus/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]