ビジネスでの生成AI活用、「文章要約」「情報収集」「メール文章作成」「翻訳」などで業務効率アップ【MMD研調べ】

「生成AI活用により、業務効率が向上した」と考える人は7割超。

MMDLaboが運営するMMD研究所は、「生成AIのビジネス活用」の結果を発表した。ビジネスでの生成AI活用経験者402人が回答している。

生成AIの活用目的、「業務効率の向上」が最多

まず「活用経験」について聞くと、「活用したことがある」と回答したのは「文章要約」60.4%がもっとも多く、「情報収集」60.2%、「メール文章作成」「翻訳」各59.7%が上位だった。

続いて「生成AIをビジネスで活用する目的」について聞くと、「業務効率の向上」が特に多く、「作成物の精度向上」「人件費などのコスト削減」がそれに続いた。

なお「ビジネスにおける生成AI活用により『業務効率が向上した』」と考えている人たちは、70.6%だった(上がった+やや上がったの合算)。また「ビジネスにおける生成AI活用への依存度」は56.0%だった(依存している+やや依存しているの合算)。

そこで、ビジネスでの生成AI活用経験者402人を対象に「生成AI活用における職場でのルールや規則」について聞くと、「ルールや規則がある」と回答したのは83.3%と8割を超えた。

さらに「ルールや規則がある」と回答した335人を対象にその内容を聞くと、「顧客や従業員の個人情報を入力しない」39.7%、「データに偏りがないようにする」38.8%、「会社の機密情報を入力しない」38.5%が上位だった。

調査概要

  • 【調査対象】ビジネスでの生成AI活用経験者
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査時期】2024年4月24日~26日
  • 【有効回答数】402人
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]