ウェブページ内の画像やテキストごとの成果数値化「Content Analytics」が「DLPO」と連携

UNCOVER TRUTH、DLPOのABテストのA・B案のページ内コンテンツに対し各指標の確認が可能に

デジタルマーケティング支援事業のUNCOVER TRUTHは、同社が提供するウェブページ内の画像やテキストごとの成果数値化ツール「Content Analytics」が、LPO(ランディングページ最適化)プラットフォーム事業のDLPOのLPOツール「DLPO」とデータ連携した、と2月27日発表した。DLPOで作成したABテストのA・B案それぞれの効果を数値化する。

Content Analyticsは、ウェブページ単位で成果を数値化する一般的な解析ツールと異なり、ページ内のコンテンツ単位で分析できる。ユーザーの行動ログデータを収集することで、ユーザーが見ているテキストや画像から興味・関心の数値化も実現する。ツールのDLPOは、ABテストやパーソナライズ施策などがノーコード・ローコードで実装可能。

Content AnalyticsとDLPOのデータ連携で、DLPOでのABテストのA案とB案のページ内の画像やテキストに対し、Content Analyticsの指標「ビュー数・率」「閲覧秒数」「クリック数・率」「ゴール数・率」が確認できるようになった。A案とB案それぞれを訪れたユーザーの行動やテキスト、画像への興味・関心の数値化でテストの結果を生かせる。

データ連携の仕組み
連携手順
アウトプット例
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]