オタク市場の最新動向! アニメ・ドール・鉄道模型・プロレス・コスプレ・コンカフェなど主要14分野【矢野経済研調べ】

「プラモデル」「フィギュア」はコロナ禍における巣ごもり需要をキープ。

矢野経済研究所は、国内の「オタク」市場に関する調査結果を発表した。主要14分野について、市場規模を算出した。

本調査における「オタク」市場とは、“一定数のコアユーザーを有するとみられ、「オタクの聖地」である秋葉原などで扱われることが比較的多いコンテンツや物販、サービスなど”を指す。

また分野は「アニメ」「漫画(電子コミック含む)」「ライトノベル」「同人誌」「スマートフォンゲーム」「インディーゲーム」「プラモデル」「フィギュア」「ドール」「鉄道模型(ジオラマなど周辺商材含む)」「トイガン」「サバイバルゲーム」「アイドル」「プロレス」「コスプレ衣装」「メイド・コンセプトカフェ、コスプレ関連サービス」「音声合成」のうち、14分野を対象としている(単体で市場規模の大きな漫画、ライトノベル、スマートフォンゲームを除く)。

2023年度は、コロナ禍の行動制限の緩和でイベント・店舗系の娯楽が成長?

「オタク」市場主要14分野について、2022年度における動向を見ると、10市場(「アニメ」「同人誌」「プラモデル」「フィギュア」「ドール」「鉄道模型(ジオラマ等周辺商材含む)」「アイドル」「プロレス」「コスプレ衣装」「メイド・コンセプトカフェ、コスプレ関連サービス」)が成長した。

「同人誌」は紙媒体のダウンロード販売や、クリエイターのデジタル販売プラットフォームが増えたことなどから好調を維持。「プラモデル」「フィギュア」はコロナ禍における巣ごもり需要をキープした。一方で「アニメ」「ドール」「アイドル」「プロレス」「コスプレ衣装」「メイド・コンセプトカフェ、コスプレ関連サービス」の6分野は、コロナ禍前の2019年度の市場規模までには回復していない。

「トイガン」「サバイバルゲーム」の2市場は縮小した。「トイガン」は大手メーカー企業の新製品発売が後ろ倒れになったことなどによりマイナス成長に転じた。「サバイバルゲーム」は集客がコロナ禍前の状況に戻っておらず引き続き市場が縮小した。

なお「インディーゲーム」と「音声合成」は市場定義の見直しなどで、比較を行えなかったとのこと。

2023年度は、コロナ禍の行動制限が緩和されたことで、13市場(「同人誌」「インディーゲーム」「プラモデル」「フィギュア」「ドール」「鉄道模型」「トイガン」「サバイバルゲーム」「アイドル」「プロレス」「コスプレ衣装」「メイド・コンセプトカフェ、コスプレ関連サービス」「音声合成」)の成長が予測されている。一方「アニメ」は、外出時間が増加することにより視聴・契約数減少が見込まれる

調査概要

  • 【調査対象】「オタク」に関わるコンテンツや物販、サービス事業者および業界団体等
  • 【調査方法】専門研究員による直接面談(オンライン含む)、インターネットアンケート調査、電話調査、ならびに文献調査併用
  • 【調査時期】2023年6月~9月
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

視聴率
あるエリアにおいて、あるテレビ番組やコマーシャルがどれくらい視聴されているかを示 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]