契約数シェア減少のドコモとソフトバンク、流れた先は「ソフトバンクMVNO」【総務省調べ】

移動系通信の契約数は2億1,282万で、前期から0.9%増。

総務省は、「電気通信サービスの契約数およびシェア」に関する調査結果を発表した。電気通信事業報告規則にもとづき、電気通信事業者からの報告などを集計したもので、四半期ごとに実施。今回は2023年度第1四半期(6月末時点)のデータとなっている。

3GやLTEがなだらかに減少する一方、5Gが急増

まず移動系通信の契約数は2億1,282万(前期比+0.9%)、携帯電話の契約数は2億1,268万(前期比+1.0%)となっている。推移を見ると、ここ数期はずっと増加傾向を維持しており、いまだ頭打ちを迎えていない。通信方式については、3GやLTEがなだらかに減少する一方、5Gが急増している様子がうかがえる。

「移動系通信の契約数」の事業者別シェア推移を見ると、「NTTドコモ」と「ソフトバンク」がじょじょに減少。「NTTドコモ(MVNO)」「KDDIグループ」「KDDIグループ(MVNO)」「楽天モバイル」はほぼ変換なし。そして「ソフトバンク(MVNO)」が増加していた。ソフトバンク(MVNO)は、LINEMO、ワイモバイルの他、mineo Sプラン、NUROモバイルSoftBank回線などが該当する。「携帯電話の契約数」においてもこの傾向は変わらない。

MVNOサービスに絞ると、契約数は3,091万(前期比+2.5%)。SIMカード型の契約数における事業者別シェアは、「インターネットイニシアティブ(IIJ)」20.0%(前期比+0.2ポイント)、「NTTレゾナント(OCNモバイル)」12.2%(前期比+0.3ポイント)、「オプテージ(mineo)」9.0%(前期比±0ポイント)が上位だった。

同調査では、固定系ブロードバンドサービス、FTTH、固定電話、IP電話などに対しても同様に集計を行っている。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]