エシカル、SDGs、フェアトレード、フードロス、ふるさと納税…、結局どの単語が一番認知されている?【楽天インサイト調べ】

環境問題やサステナビリティに関連する言葉の認知を大々的に調査。

楽天インサイトは、「SDGsに関する調査」に関する調査結果を発表した。この調査は、環境問題やサステナビリティに関連する言葉の認知、「SDGs」につながる具体的な消費行動などを調査したもので、全国の20~69歳の男女1,000人が回答している。

9月25日を含む毎年9月末の約1週間は「SDGs週間(グローバル・ゴールズ・ウィーク)」とされており、世界中で「SDGs」の推進に向けた取り組みが行われる。SDGsは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」の略。

「エシカル消費」の認知度は46.7%

SDGs、環境問題、サステナビリティに関連する用語は、近年多岐にわたっている。そこで「ふるさと納税」「フードロス」「気候変動」「ジェンダー平等」「SDGs」「サステナブル」「クリーンエネルギー」「二酸化炭素排出(2050年二酸化炭素排出実質ゼロ)」「フェアトレード」「エシカル消費」「アニマルウェルフェア」「サーキュラーエコノミー」といった用語について、認知を聞いた。

その結果、「よく知っている+聞いたことがある」の合計は、「ふるさと納税」が96.4%でもっとも高かった。ただしこれは前回2020年12月の同調査とほぼ横ばいだ。以下「フードロス(食品ロス)」「気候変動」「ジェンダー平等」が続き、「SDGs」は5位にとどまった。ただしこれは前回調査から36ポイント以上上昇しているという。「サステナブル」も30ポイント以上上昇している。

「SDGs」には17の目標が設定されているが、関心度が高い項目は「3.すべての人に健康と福祉を」48.6%、「11.住み続けられるまちづくりを」48.2%、「7. エネルギーをみんなにそしてクリーンに」43.1%、「6.安全な水とトイレを世界中に」42.1%、「1.貧困をなくそう」42.0%だった。上昇した項目は「11.住み続けられるまちづくりを」のみで他はすべて関心度が下降している。

そのほか「ふだんから環境保護・保全のために取り組んでいること」を聞くと、「マイバッグを利用する」78.6%が最多で、「節電を心がける」69.6%、「買った食材・食品を使い切る」64.8%、「節水を心がける」59.6%、「マイボトルを利用する」44.5%が上位。

その延長で「エシカル消費」(消費者が地域活性化や企業雇用などに配慮して行う消費行動)について聞くと、単語の認知度は46.7%で、具体的な行動としては「地産地消の商品を買う」37.1%、「ふるさと納税で事業者を応援する」28.8%、「コンビニでの在庫消費・賞味期限切れ(に近い)商品を買う」26.7%などの声があがった。

調査概要

  • 【調査対象】全国20歳~69歳の男女
  • 【調査方法】楽天インサイトが調査を実施
  • 【調査時期】2023年7月12日~13日
  • 【有効回答数】1,000サンプル
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

オプトアウト
個人情報取扱事業者による個人情報の第三者提供に際して、本人が事業者に対して、その ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]