企業からの情報は「公式サイトで知りたい」が過半数。公式SNS派は2割弱と大差【WOW WORLD調べ】

顧客が本当に求めている「企業からの情報発信」とは?

WOW WORLDは、「生活者が企業に求める情報発信方法」に関する調査結果を発表した。全国の2,009名の生活者を対象に、インターネットリサーチを行っている。

企業からの情報はSNSよりも「公式サイト」で知りたい?

あなたは普段どのような手段(方法)で、企業(サービス・ブランドを含む)の情報を受け取りたいですか ※複数回答可

まず、普段どのような方法で企業から情報を受け取りたいかを聞くと、「公式Webサイト(ホームページ)」が55%と最も多かった。その一方で、「公式SNS(Facebook、Twitter、Instagramなど)」や「公式LINE」は20%未満にとどまった。

【年齢別】あなたは普段どのような手段(方法)で、企業(サービス・ブランドを含む)の情報を受け取りたいですか ※複数回答可

年代別でみると、20代では「公式SNS(Facebook、Twitter、Instagramなど)」、30代以上では「企業からのメールマガジン」が上位となった。

公式LINEは「クーポン取得」、アプリは「会員登録のため」に利用

あなたが企業(サービス・ブランドを含む)の公式アプリをダウンロードするきっかけはなんですか ※複数回答可

続いて、企業の公式アプリをダウンロードするきっかけを聞くと、「会員登録するタイミングで」が最も多く、僅差で「商品を購入したタイミングで」「割引クーポンがもらえるから」と続いた。

あなたが企業(サービス・ブランドを含む)の公式LINEを友だち追加するきっかけはなんですか ※複数回答可

また、企業の公式LINEを友だち追加するきっかけとしては、「割引クーポンがもらえるから」が2位以下と10ポイント以上の差をつけてトップとなった。

57%の人が「企業からの情報を煩わしいと感じたことがある」

あなたは企業(サービス・ブランドを含む)から情報が届いて、煩わしいと思ったことはありますか

企業から情報が届いて煩わしいと思ったことがあるかという質問では、57%の人が「はい」と回答した。

煩わしいと感じたポイントを教えてください ※複数回答可

煩わしいと感じたポイントを聞くと、77%の人が「興味がない情報だった」、71%の人が「頻度が高い」と回答した。

調査概要

  • 【調査手法】当社開発のアンケートシステム「WEBCAS formulator」を活用し、GMOリサーチ株式会社「JAPAN Cloud Panel」のモニターでインターネット調査を実施
  • 【調査期間】2023年2月15日~2月17日の3日間
  • 【対象地域】全国47都道府県
  • 【有効回答数】2,009人(年齢の均等割付で実施)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フォーカスグループ
マーケティング調査手法の1つ。 市場セグメントを代表する人を会議室などに複 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]