デジタルマーケティング研究機構が「第11回Webグランプリ」企業グランプリの受付開始

BtoB、BtoC、プロモーションサイト、コーポレートサイト、アクセシビリティの5部門

公益社団法人日本アドバタイザーズ協会(JAA)のデジタルマーケティング研究機構(DMI)は、「第11回Webグランプリ」の企業グランプリ部門の受付を4月3日から始めた、と同日発表した。申込は8月31日まで。一次審査は9月11日から29日、二次審査は10月10日から31日に行う。参加企業が互いに審査する「相互審査」形式で審査するため、1サイト応募と同時に審査委員3人を登録する(企画・制作・運営のパートナー企業も可能)。

 

各賞は、①BtoB事業サイトが対象の「企業BtoBサイト賞」、②BtoC事業サイトが対象の「企業BtoCサイト賞」、③キャンペーンやプロモーション用サイトが対象の「プロモーションサイト賞」、④企業情報サイトや企業ブランドサイトが対象の「コーポレートサイト賞」、⑤高齢者や障碍者に限らず全ての人がストレスなく快適に情報を取得することができるかを審査する「アクセシビリティ賞」――の5部門。

Webグランプリは、「ウェブ関係者の、ウェブ関係者による、ウェブ関係者のための賞」として優れた功績を残した企業と人物を顕彰しており、昨年は61社が参加した。各企業サイトの運営担当者や制作パートナー、特別審査委員16名を加えた計226名が審査委員となり、優れたサイトに投票するだけではなく、サイト運営のプロフェッショナルとして他社サイトを定性的に審査し、お互いに今後のサイト運営の気付きを発見している。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ファーストビュー
ブラウザーでWebサイトを表示したときにスクロールせずに最初に見える範囲。閲覧者 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]