動画視聴でZ世代はやっぱり「タイパ」を重視! CMでも「テンポの速い動画」が好印象?【損保ジャパン調べ】

動画の倍速視聴、Z世代は「長さ」で、それ以上の世代は「内容」で判断。

損害保険ジャパン(Z世代映像研究課)は、「世代別の動画視聴態度の実態」に関する調査結果を発表した。全国の18~57歳男女800人(動画を週に1日以上視聴する人)が回答している。

2人に1人以上が「テンポ/スピード感が速い動画が増えている」と感じていた

まず「1日あたりの動画視聴時間」を算出すると「平均2.1時間」。世代別では、Z世代「2.9時間」、ミレニアル世代「2.2時間」、就職氷河期世代「1.7時間」、バブル世代「1.6時間」と、若い世代ほど視聴時間は長い。

「よく視聴する動画メディア」では、「YouTube」90.8%が全世代で最多で、以下「テレビ」53.8%、「動画系サブスクリプションサービス」41.8%が続く。「縦型ショート動画」(TikTok、YouTube Shorts、Instagramリール)などは、やはりZ世代の視聴が多い。

「近年、テンポ/スピード感が速い動画が増えているように感じていますか?」と聞くと、「そう感じる」とした人は46.6%。Z世代(56.0%)が比較的多く、若い世代でもテンポの速い動画の増加を感じていた。

動画の倍速視聴、Z世代は「長さ」で、それ以上の世代は「内容」で判断

「倍速で動画を視聴しますか?」と聞くと、Z世代「70.0%」、ミレニアル世代「63.5%」、就職氷河期世代「55.5%」、バブル世代「60.0%」と、すべての年代で過半数が倍速視聴を行っていた。とくに再生速度(倍率)の平均では、Z世代が1.5倍速になるなど、若い世代ほど速いことも判明した。

あわせて「快適に感じる速度を、動画内で話しているセリフ“1秒あたり”の文字数に換算」したところ、Z世代は「1秒あたり12.3文字」だが、他世代は「1秒あたり10.1文字」にとどまったという。

なお倍速視聴を行う状況について、Z世代では「動画の長さ」で決める人が多く、年齢層が上がるほど減少していた。一方「動画の内容」で決める人はZ世代で最も少なく、年齢があがるほど増加していた。Z世代は日頃から大量に動画を見ている分、高倍速にしていると考えられる。

最後に「CM・動画広告」に絞って、「話すテンポ/スピードが速めと遅めどちらを好みますか?」と聞くと、「速めの動画広告のほうが好印象」としたのは77.0%と多数派だった。実際Z世代に、過去の損保ジャパンのWeb動画を「倍速編集(1.25~2倍速)したもの」と「通常速度のもの」で比較視聴してもらうと、73.5%が「倍速編集したもの」のほうを快適だと回答したという。

なお、「話すテンポ/スピード感が遅い動画の視聴に抵抗を感じますか?」とZ世代に聞くと、42.5%が「そう感じる」と回答。理由1位は「時間がもったいないから」40.0%で、「テンポ/スピード感が速いほうがわかりやすいから」37.6%、「飽きてしまう/興味がなくなるから」34.1%がそれに続いた。

調査概要

  • 【調査対象】18歳~57歳の男女
  • 【調査方法】インターネット調査(調査機関:シグナルリサーチ)
  • 【調査時期】2022年9月
  • 【有効回答数】800名(Z世代:18~26歳、ミレニアル世代:27~42歳、氷河期世代:43~51歳、バブル世代:52~57歳の 各200名)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]