2022年も半年経過、「2021年から景気回復」という予想は当たった?外れた?【日本リサーチセンター調べ】

世界45か国・地域で「エンド・オブ・イヤーサーベイ 2021」を実施。

日本リサーチセンターは、国際世論調査「エンド・オブ・イヤー サーベイ」の結果を発表した。同社が加盟するギャラップ・インターナショナル・アソシエーション(GIA)が、「2022年は良い年になるか?」「2022年の景気は良くなるか?」「あなたの人生は幸せか?」について、世界45か国・地域で回答を得ている。調査期間は2021年9月~2022年1月。

2022年は「良い年ではない」けど「景気は回復」?

まず「2022年が2021年より良くなるかどうか」を、良くなる・悪くなる・変わらないの三択で聞くと、「良くなる」との回答は45か国・地域平均で38%だった。一方日本は35%に留まり、「変わらない」37%が最多だった(45か国平均は27%)。

「良くなる」と「悪くなる」の差が大きい順で見ると、トップはインドの72%で、良くなると考えている人が圧倒的に多い。日本は45か国中16位だった。

日本の回答を性年代別で見ると、アラフォー世代で「良くなる」が多い。

次に、「2022年が2021年より景気が良くなるかどうか」を聞くと、「景気は悪くなる」と回答した国・地域が多い。日本は「景気が良くなる」「変わらない」との回答が45か国平均より多く、「良くなる」と「悪くなる」との差では、45か国・地域中11位だった。

日本の回答を性年代別で見ると、やはりアラフォー世代で「景気は良くなる」が多かった。

さらに「あなたの人生は幸せか?」を聞くと、「とても幸せ+幸せ」と感じる人は、45か国・地域平均では56%だったが、日本は65%と平均を上回った。「幸せ」と「不幸せ」の差の大きい順では、日本は45か国中11位で、トップはコロンビア。逆に下位トップはガーナだった。

調査概要

【調査対象】世界45カ国・地域
【調査方法】訪問面接・留置調査、電話調査、インターネット調査
【調査時期】2021年9月~2022年1月
【有効回答数】42,031人(サンプル)

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

HCD
「Human-Centred Design」(人間中心設計)の略称。機械やシステ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]