大学4年生「自分は結婚しない」過去最高に、結婚しても男子3割「相手は専業」希望【マイナビ調べ】

「育児休業を取って積極的に子育てしたい」割合は男女ともに半数超。

マイナビは、「大学生のライフスタイル調査」の結果を発表した。2023年卒の大学生・大学院生が対象で、3,756名から回答を得ている。調査時期は2021年11月26日~12月22日で、現時点(2022年5月)では大学4年生などにあたる。

働き方も子育てもバランスが難しい? 進む二極化

まず全体に「結婚後の仕事に関する考え」を聞くと、「夫婦共働き」を希望したのは、男子59.9%(前年比1.0ポイント増)、女子74.5%(前年比0.8ポイント減)だった。「主に自分の収入のみで生活するのが望ましい」は男子27.6%に対し女子1.5%だった。もともと男女差がある項目だが、現在の大学生でも男子の3割ほどが「専業主婦になってほしい」と考えていることになる。

結婚後の仕事に関してどのように考えているか

また、「結婚せず自分の収入のみで生活するのが望ましい」と独身ライフを選んだ人が、初めて男女ともに10%を突破。調査開始からの8年で過去最高となっている。

「結婚せず自分の収入のみで生活するのが望ましい」の推移

「子育て・育休」への考えを聞くと、「育児休業を取って積極的に子育てしたい」は、男子59.9%(前年比3.4ポイント増)、女子68.0%(前年比1.9ポイント減)で、男子は過去最高値を4年連続で更新している。女子は徐々に減少しており、今後数年で逆転の可能性が出てきた。

子育てについて、あなたの考えに近いもの
「育児休業をとって積極的に子育てしたい」の推移

一方で「子供は欲しくない」も増加傾向を見せており、男女ともに最高値を更新している。女子は14.5%で男子7.5%のほぼ倍だ。

「今のところあまり子供は欲しくない」の推移

このほか「興味のある社会問題」は、前年1位(52.1%)だった「伝染病・感染症対策」がほぼ半減し24.7%となり、前年2位の「少子化・働く女性支援」33.2%が1位だった。

「興味のある社会問題」の推移

調査概要

  • 【調査対象】2023年3月卒業見込みの全国の大学3年生、大学院1年生(調査時点)
  • 【調査方法】マイナビ2023の会員に対するWebアンケート
  • 【調査時期】2021年11月26日~12月22日
  • 【有効回答数】3,756名(文系男子663名 理系男子688名 文系女子1,609名 理系女子796名)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

HCD
「Human-Centred Design」(人間中心設計)の略称。機械やシステ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]